Amazonブランド登録の5つのメリットと確実に通過する申請方法

Amazonブランド登録はご存知でしょうか。

ブランド登録をすることによって、様々なメリットを得ることができるので、必ず行った方がよいのですが、ハードルが高いので手を付けていない、という方も多いと思います。

しかし、意外とブランド登録をすることはさほど難しい作業ではありませんし、審査の基準もそこまで厳しいものではありません。

本記事では、Amazonブランド登録の方法とその申請のやり方、申請通過のためのコツについて説明していきます。

Amazonブランド登録のメリット

Amazonブランド登録のメリットは、

  1. Amazonストア構築
  2. スポンサーブランド広告の使用
  3. 商品カタログ編集権限の独占
  4. ブランド侵害排除の強化
  5. SEO効果

です。

それぞれについて詳しく見ていきます。

メリット1 Amazonストア構築

Amazonブランド登録を行うことで、下の画像のようなAmazonストア(旧:ストアフロント)を作成することができます。

Amazon内に自分のブランドのページを持つことができるということです。

これにより、通常よりもブランド価値を訴求できます。

メリット2 スポンサーブランド広告の使用

ブランド登録することで、スポンサーブランド広告(旧:ヘッドライン検索広告)を利用することができます。

通常の(スポンサープロダクト)広告よりも目立つ位置に表示できるというメリットがあります。

また、スポンサープロダクト広告の場合は誰でも使用できるので相場が上がっていますが、スポンサーブランド広告の場合は条件を満たす人が少ないので、コスパがよい場合もあります。

メリット3 商品カタログ編集権限の独占

通常の場合は、誰でも商品カタログを編集できますが、Amazonブランド登録をしている場合は、ブランド保持者以外はカタログを編集できなくなります。

これにより、嫌がらせのカタログ編集などをされる心配がなくなります。

ただし、アカウントが停止になってしまったときに、他のアカウントを使って商品ページを編集することができなくなるデメリットはありますので、健全なアカウント運営を心掛けるようにしましょう。

メリット4 ブランド侵害排除の強化

あらかじめブランド登録をしておくことで、ブランド侵害に対して迅速に対処してくれるようになります。

通常の場合は、まず商標の所在はどこにあるのか、出品者が本当に商標侵害をしているのかAmazon側が調査をするため、時間がかかってしまいます。その間に商品の売上が落ちて、商品ページもどんどん下に落ちてしまいます。

このようなことがないようにするためにもブランド登録をしておくことをおすすめします。

メリット5 SEO効果

Amazonの内部SEOのことは公開されていませんし、またコロコロ変わりますので確かなことは言えませんが、SEO効果がある可能性があります。

少なくともマイナスの評価を受けることはありませんし、Amazonが確かなブランド保持者を優遇するということはあっても不思議な話ではありませんので、この点においてもブランド登録しておいた方がよいでしょう。

Amazonブランド登録の条件

Amazonブランド登録に必要な条件は、

  • 商標登録をしていること

の1点だけです。

商標登録の方法については、以下の記事を参考にしてください。

意外と簡単!Amazonで相乗り出品を防ぐために商標登録をする方法

Amazonブランド登録の手順

Amazonブランド登録の手順は、

  1. アカウント作成
  2. ブランド登録資格の記載
  3. 知的財産の記載
  4. ブランドの特徴の記載

です。

それぞれについて詳しく見ていきます。

手順1 アカウント作成

まずは、「amazon brand registry」に登録します。

amazon brand registryから、「今すぐ登録する」へと進みます。

赤枠の項目を全て埋め、「アカウント作成」へと進みます。

上の例は、法人の場合ですが、個人でも商標を取ってさえいれば行えます。その場合は、個人事業主としての情報を入力すれば大丈夫です。

手順2 ブランド登録資格の記載

ブランド登録資格についての項目です。

・「商品やパッケージにブランド名やロゴが常に表示されていますか?」
→「はい」

・「11以上のブランドを登録しようとしていますか?」
→「いいえ」

・「登録するブランド名」
→「商標登録済みのブランド名」

とし、「次へ」ボタンを押します。

手順3 知的財産の記載

知的財産についての項目です。

・「商標の種類」
→図形商標(画像)」

・「商標番号」
→「取得した商標の商標番号」

・「商標登録機関」
→「日本」

・「高画質の図形商標の画像を提出してください。」
→自社のブランドロゴの画像

とし、「次へ」ボタンを押します。

なお、ブランドロゴの作成方法については以下の記事を参考にしてください。

中国輸入OEMで商品につけるブランドロゴを作成する方法

手順4 ブランドの特徴の記載

ブランドの特徴についての項目です。

・「商品にはUPC、ISBN、EANまたは他のGTINがありますか?」
→「はい」

・「商品のカテゴリーを選択」
→「出品する可能性のあるカテゴリーを全て選択」

・「オンラインで商品を販売している場合は、サイトをお聞かせください。」
→「他のオンラインサイトで販売している場合は記載」

・「出品者様のブランドは、Amazonの出品者または取引業者として登録していますか?」
→「出品者、または両方」

・「出品用Eメールアドレス」
→「メールアドレス」

・「出品者のブランドは商品を自社で製造していますか?」
→「いいえ」

・「貴社のブランドは、貴社の知的所有権に関連する商品を製造する他の業者に商標をライセンス供与していますか?」
→「いいえ」

・「貴社のブランド商品はどこで製造されていますか?」
→「製造国を選択」

・「貴社のブランド商品はどこで販売されていますか?」
→「販売国を全て選択」

とし、「申請を送信」ボタンを押します。

手順⑤ 確認コードの提出

ブランド保有者に確認用のコードが届きますので、それを申請者がAmazonに提出します。

これで問題がなければ数日でAmazonブランド登録が完了します。

まとめ

以上、Amazonブランド登録のメリットとその申請方法についてまとめました。

ブランド登録はメリットが大きいですが、年々そのハードルが上がっていますので、今のうちにやっておくことをおすすめします。

今なら面倒なのは商標登録のところだけです。

商標登録の方法については以下の記事を参考にしてください。

意外と簡単!Amazonで相乗り出品を防ぐために商標登録をする方法

本記事を参考にして早めにAmazonブランド登録を済ませるようにしてください。